くぼしまこどもクリニック

国分寺市にある小児科・アレルギー科|くぼしまこどもクリニック

〒185-0024 東京都国分寺市泉町2-9-3 ハートフルビル西晴3F
TEL:042-300-1801

rss

トップページ»  ブログ記事一覧»  クリニック»  苦いお薬の飲ませ方

苦いお薬の飲ませ方

苦いお薬の飲ませ方



石原さとみさん主演の『アンサングシンデレラ』
(私はどうしてもアンサングシングレアと当院でよく出る薬の名前をつけて言ってしまいます…)、
ご覧になられていた方いらっしゃいますか?

第2話では、マイコプラズマ肺炎になってしまった子にクラリスロマイシンという抗生剤が処方され、
ママがおいしく飲ませようとオレンジジュースに混ぜたものの吐き出してしまった…
というシーンが出てきます。
そこで石原さとみさん扮する葵さんが、チョコアイスと一緒に食べる方法を紹介します。

このシーンはまったくその通りで、このお薬は小児科の中では苦くて有名で皆さん苦戦するため、
処方時には当院スタッフも患者様によくこのアドバイスをしています。
チョコアイスの他にはココアなども使うことが出来ます。私はチョコ練乳使っていました。

もともと苦いお薬は子供たちが飲みやすいように甘い成分でコーティングされているのですが、
コーティング剤は酸性の飲み物で剥がれてしまうんですね。
柑橘系、スポドリ、乳酸菌飲料など気を付けないといけません。

 
当院では、そもそも先生は飲みやすいお薬を幼保学校などの生活スタイルに合わた回数でなるべく出してくれます。
それでも苦いお薬を出さなくてはならない時は、葵さんのようにアドバイスをくれますので、
ドラマのように酸性のものに混ぜてしまうという最悪なことにはならないと思います。

苦いお薬でなくても、薬を飲むのはみんな嫌なもんです
お薬の飲ませ方でお困りでしたら、先生はもちろん、看護師、受付スタッフつかまえて聞いてみてください。

事務スタッフより♪

2020-09-15 08:34:44

クリニック